外壁・屋根工事

神戸市 屋上防水工事

去年施工した屋上防水工事です。

ウレタン通気防水になります。

ケレン、清掃、下地調整を行います。

IMG_7711

IMG_7876

プライマー、通気シート、脱気筒を施工します。

IMG_7909

ウレタンを重ね塗りして完了です。

IMG_8030

約100㎡でい1週間程の工事となります。

 

西宮市 天井ウレタン吹付断熱工事

全面改装の現場で、屋根にウレタン吹付の断熱工事をしました。

グラスウールを屋根裏に敷き詰める施工方法に比べ、

コストがかかりますが、直に屋根の下地に吹き付けることにより、

すき間なく断熱できますので、断熱性能が上がります。

今回は、厚みを5cm吹きました。

外気にいちばん近いところで断熱しますので、

外気の影響も受けにくくなります。

あと、硬質のウレタンフォームになりますので、

屋根下地全体が一体化して強化されますし、

雨水の侵入もふせぎます。

断熱だけでは、一旦熱がたまると抜けなくなるので

建物の換気とうまく組み合わせることにより、

光熱費をかけずに快適な空間を作ることができます。DSCF0608DSCF0618DSCF0613

 

 

 

 

 

 

大阪市 樋交換、補強工事

大阪の南港で、倉庫の樋が強風で1ヶ所外れたので、

新たに取付、残り6か所も外れないように、

金物でバンドを作り、補強しました。

高さが32mあるので、取り付ける箇所は足場を組み、

バンドで補強する時は、高所作業車を使用しました。

足場や高所作業車が揺れて危険なので、

強風が吹かないことを祈りながら、作業しました。

2日間の工事でしたが、何とか強風が吹かずに済みましたので、

無事に予定通り工事は完了しました。IMG_5358IMG_5362IMG_5449IMG_5454IMG_5464IMG_5467

神戸市 軒天井材補修工事

家の角の軒天井材が2カ所劣化しているので、

補修してほしいという依頼があり、

原因を見つけて補修しました。CIMG6185CIMG6180

原因を解決しないで、軒天井材のみを補修すると、

しばらくすると同じ様に劣化してしまうので、

まずは、原因を探りました。

下から見る限り、屋根から回った水が原因だと思ったので、

屋根瓦に不良がないか、確認しました。

すると、棟瓦にすきまがあったり、瓦に割れがあり、

そこから、水が回っているように思われたので、

いったんそこを補修して、1か月ほど様子を見ました。CIMG6171CIMG6175CIMG6172CIMG6176

この補修で水が回らないことが確認できたので、

軒天井材を補修しました。

下地がしっかりしていたので、

やり替えずに上から貼ることにしました。

やり替えるよりも、費用と工期を抑えることができますし、

下から見ても、わかりません。

最後に、塗装をして完了です。IMG_3149IMG_3150

神戸市 金属サイディング工事

バルコニー上、増築部の外壁窯業系サイディングが、

サッシから雨が回り劣化したので、

補修してほしいという依頼がありました。

下地がしっかりしていたので、

現況のサイディングをやり替えるのではなく、

上から金属サイディングを貼ることにしました。

これでしたら、工期も半日で済みます。

やり替えると、工期は2日はかかり、

費用も、めくったサイディングや下地の処分費、

下地施工費が余分にかかります。

現況のサイディングをめくらないので、

工事中に雨が入る心配もありません。

腰壁ができ、見た目も良くなります。

IMG_2185IMG_2283IMG_2402IMG_2403

 

神戸市 瓦シーリング止め工事

和瓦の屋根全体に雨漏れがあったり、瓦のずれがある場合、

瓦をやりかえる以外に、瓦の劣化がまだ進んでなければ、

瓦の重なり部分のところにシーリングを打つ方法があります。

これでしたら、交換する費用に比べると格段に安く済みますし、

工期も一般的な屋根であれば、2日から3日で済みます。

シーリングの打ち方を間違えると、雨水の逃げ道がなくなり、

かえって雨漏れの原因なる場合があるので、経験が必要ですが。

業者さんによったら、売り上げが大きくなるので、

すぐに交換をすすめてくるところがありますが、

そこまでする必要がない場合も多いです。IMG_1764IMG_1767IMG_1808IMG_1812

神戸市灘区 リフォーム工事8(外観)

今回は、時間帯や照明で、

外観の表情が変化することがわかる写真をUPします。

窓と玄関廻り以外ホワイトで、余計な色が入っていないので、

表情の変化が際立ちます。

色は最終的に御施主様が選んだのですが、

御施主様のセンスの良さだと思います。

外壁の塗装や、外装のリフォームでも、

やり方によってここまで変わります。

次回は内装リフォームです。22423252627

 

 

 

神戸市灘区 リフォーム工事7(玄関ドア、門扉)

前回からの続きです。

玄関ドアの格子は、西嶋さんがデザインして、

面格子といっしょに、鉄工所で作成してもらいました。

角度、本数、組み合わせを時間をかけ検討し作成したので、

シンプルですが、完成度が高いものになっています。KIF_0985

門扉に関しては、中桟を閂(かんぬき)にすることによって、

門扉が開かない様に工夫してました。

うまく作ってあったので、中桟が動くとは思いませんでした。

IMG_2099IMG_2111

次回は、時間帯による、外観の表情の変化の写真をUPします。

 

神戸市灘区 リフォーム工事6(玄関廻り)

22 29

外装リフォームの最後は玄関廻りです。

この写真は、今までで工事の中で、

一番気に気に入ってる写真です。

この玄関ドアは、建具職人の西嶋さん作です。

玄関廻りの外壁のデザインも含めて西嶋さんが考えました。

西嶋さんの作品は、これからもUPさせてもらいますが、

建具を作品として作られている職人さんで、

この人の作る建具は素晴らしいです。

建具を作ってもらうときはいつもお願いしてますが、

一度作ってもらうと、他の人には頼めなくなります。

この玄関廻りは、西嶋さんが持っている ヨーロッパの家 という

写真集を見ながら、デザインしていったのですが、

リフォームであることに意味があると思います。

オリーブの木と照明器具は御施主様のもので、

色も御施主様が決定されました。

御施主様といっしょに作った素晴らしい作品になったと思います。

玄関廻りに関しては長くなるので、次回続きをUPさせてもらいます。

 

 

 

1 / 212

▲TOPへ