私事になりますが、先月、体調を悪くして、

ポートアイランドにある、神戸市立医療センター中央病院に、

一週間入院してました。

もともと病院ぎらいで、歯医者以外、縁遠かったのですが、

初めて入院して、医療に携わる方の真摯な対応に関心しました。

人の命を預かる仕事をしているからだと思うのですが、

間違いが許されない中でのひとりひとりの自主的な動きは、

建築業界も見習うべきところが多々あると思います。

医師、看護士、介護、その他の方 全員がひとつの情報を共有し、

とても、真摯に対応してくれ、すっかり体調が良くなりました。

仕事柄、いろんな業界の人と接した事がありますが、

今回は、本当に感心しました。

看護士さんは年齢が若い方もおられるのですが、

真摯な態度がこちらに伝わってきて、

病院全体の取り組みがしっかりしていることを感じました。

フラットスペースに携わってくれている職人さんは、皆、お施主様、

そして建物のために一生懸命仕事をしてくれる人ばかりですが、

今回の事で、より一層気を引き締めて、

フラットスペースを必要としてくれるお施主様に対して、

仕事をしていかなくてはと思い直しました。IMG_4756IMG_4760

 

 

 

 

LINEで送る