工程表

フラットスペースでは工程表を大事にしています。

これは、9月25日から始まる、

小野市の木造住宅のリフォーム工事の工程表です。

ブログで見ると文字がわかりにくいですが、実際のものはA3サイズです。

工事内容は、床補強工事+フロアタイル工事、

水廻りリフォーム工事(バスユニット、洗面、トイレ)です。

工程表は現場に合せて作成するのですが、御施主様、業者の職人さんが

共通の認識を持てるように作成しています。

1枚の工程表で、いかにわかりやすくするかを考えて、

改良しながら作成してきました。

現場によって表現を変えたりしますが、大体、今はこの形です。

特徴としては、カレンダーの形式にしています。

現場の工程表の種類は結構あるのですが、業者さん目線のもので、

御施主様にはわかりにくいものです。

ですから、ふだん見慣れたカレンダーの形式にしています。

それと、業種別に色分けをすることにより、見やすくしています。

工程表を作成するためには、事前に、現場の状況や条件、工事内容、

業者の職人さんをきっちり把握して、

今までの経験で、工事を頭の中でシュミレーションして作成していきます。

あとは現場で指揮を執っていれば、微調整でほぼ工程表通り進みます。

簡単にできそうですが、業者の職人さんがしっかりしていて、

経験がないとできない工程表ですから、

どこにもない、オリジナルのものと自負しています。

LINEで送る