本日は小雨でしたので、屋根塗装工事は中止し、軒下の雨戸を塗装しました。

屋根材が十分に乾いた状態で下塗りを行わないと、下塗り材(シーラー)が屋根材に密着しないので、

塗料が早い段階でめくれてしまいます。

雨戸は下地処理をして、ウレタンの塗料を塗ります。塗装することによって、雨戸自体の耐久性もUPします。

 

 

 

LINEで送る